愛のshower。

自担 is まいらいふ。

宮城で見た藤ヶ谷くんはアイドルだった。

前回の続き!
Dream onとGood-bye,Thankyouの感想。
(but.大半自担の話)


どりおんの藤ヶ谷くんがほんっとにアイドルで、「あっ…この人はジャニーズだ…男性アイドルだ…」ってこんな当たり前で分かりきってることを、改めてリアルに感じたってゆう話をさせてください!

私がいままで藤ヶ谷くん見てきてこんなに「この人アイドルだ」と強く感じたことは多分なかった。
藤ヶ谷くんがアイドルらしくないと言ったら超語弊あるし、いつも私が見てるのはキラキラジャニーズアイドルの藤ヶ谷くんなんだけど、藤ヶ谷くん自身がアイドルらしい自分でいるってこと前まであんまりなかった気がする。(ここから超超個人的見解、ごめんね)
藤ヶ谷くんはここ数年で大きく変わった気がする。
何年か前から藤ヶ谷くん見てたから分かる。
今が素なのか前が素だったのかとか、ただのファンである私には分からないけど、変わろうとしてるってことには気づけたよ。
藤ヶ谷くんは突然ちょっとアイドルらしくなった。
いまの藤ヶ谷くんは「自分が思うカッコいい自分を魅せる」というより「アイドルとしてカッコよくいる」みたいな感じ。

ぱっと見あんまり変化はないけど、藤ヶ谷くんの中での変化は多分大きなものだと思うの。
変わらなくても藤ヶ谷くんはアイドルだった。
変わらなくても私は好きだった。
でも変わって更にアイドルになった。
変わって更に私は惹かれてしまった。
更にたくましくなった。お母さん涙。(は)

私がいまからジャニーズJr.になるとしたら、藤ヶ谷くんを目指して頑張ると思う。(何言ってんの)
前よりもアイドルらしいアイドルに成長したんです。
だからもっと後輩から尊敬されてもいいと思う。(誰)

やっぱり本人もよく言ってるけど、藤ヶ谷くんはぱっと見で無愛想に見えちゃうって面があるんだよね。
思ってることが素直に顔に出ないってことだと思う。
小さい頃からジャニーズの世界にいて、余計そうなっちゃったのではないかな。
怒ってるの?って表情のときがよくあるけど、全然そんなつもりじゃないんだと思う。
楽しんでても周りにそれが伝わりづらいのかもしれない。
私自身も思ってることが顔に出なさすぎて怖いって部活の先輩に影で言われてたことあるくらいだから、結構このタイプの人の気持ち分かる。
こんなこと言われた時から少し表情を意識するようにした。
表情って意識すると凄くパワーを使うし、もう私は人といると疲れてトイレでひたすら真顔になって休むときとかよくあります。(笑)
藤ヶ谷くんは私とおなじタイプではないかもしれんけど、間違いなく無愛想だって言われて表情を意識していると思う。
最近よく笑う藤ヶ谷くんを見て、自担の笑顔を見れてとっても嬉しい反面、疲れてないかなってゆう親心のようなものが出てきてしまう。
藤ヶ谷くんは疲れた素ぶりなんて全く見せないから知らないけど、多分頑張ってると思う。
バラエティでバンバンテンション上げてる藤ヶ谷くん見て、「楽しそうだな(◜௰◝)」って思えるときと「終わってから疲れ果てて楽屋で倒れてないよね(;o;)」って思うときがある。(過保護か)

「アイドル=笑顔」
色んなことのために頑張ってるんだよねきっと。
えらいよ。さすが自担。
「無理して頑張るのがアイドル」って言いたいんじゃなくて、その頑張りとか思考こそがアイドルだなってことが私は言いたい。(ほぼほぼ同じだけど…)
ジャニーズは自分がどう見られるかは自分にかかってるから自分の見せ方は自分で考えるしかなくて…
藤ヶ谷くんはついにその答えが出たんじゃないかな。
見せ方に答えはないけど、人によってしっくりくるかこないかはあると思う。
結果、いまの藤ヶ谷くんはとってもアイドルらしさがある。
ここまで急にアイドルらしくなって、凄いと思う。
本物の藤ヶ谷くんがそうでなくても、アイドルの藤ヶ谷くんはとても元気でアイドルらしさ満載でジャニーズって感じがする。
クールってゆう印象はもう1ミリも感じない。
自担は変わった。

何言ってんだお前状態の文章で非常に申し訳ない。
この感情を言葉にするのは難しいんだよね。
ただ藤ヶ谷くんはアイドルとして素晴らしい人です。
れっきとしたカッコいいジャニーズアイドルです。
私が称えます。(誰やねん)

痛いヲタクの痛い自担解析文を長々と失礼しました。

とりあえず、どりおんの藤ヶ谷くんはめっちゃくちゃ史上最高にアイドルだったって話ですよ。
Oh〜Oh〜Oh〜♪のとことか特にね。
お客さんにOhを求める格好、本当にアイドルだった。
感情を込めた歌声で曲の入りをソロで歌う歌声が本当にアイドルだった。
リズムを刻みながらマイクを持って歌う姿が本当にアイドルだった。
曲が盛り上がるにつれて楽しそうな表情をするのがとってもアイドルだった。
そしてこの曲自体、歌詞とかも結構アイドルで。
Dream onって多分夢を掴む的な意味で、そんな歌詞なんです。
こうゆう前向きなアイドルを表現した歌詞めっちゃ好き私。
「描いた未来へ共に行こうか 迷いさえ道連れに」
「限りない夢を 追いかけて行くから 掴み取れるまで」
「憧れたものこの場所で掴みとる 願い届くはず」
とかがこの曲のなかで好きな歌詞です。
キスマイっていいね。(急に)
アイドルらしくないと見せかけて実はめっちゃアイドルなんだよ?こんなアイドルらしい曲歌ってしっくりくるんだからアイドルに決まってるだろ?(dear世間)
こんな歌詞って、国民的ではないアイドルだからこそ歌えるんだと思う。
でも国民的アイドルを目指してるからこそ歌えるんだと思う。
私はKis-My-Ft2がアイドルとして成功する姿がしっかり想像できた。
私は藤ヶ谷くんしか見てなかったけど、多分7人みんな目指してるとこは一緒だと思う。
“アイドル”ってゆうと、「自分を作ってる感」を想像される方多いと思いますが、私がいま言っている“アイドル”は「真のアイドル」ってことですからね。(意味不明)
あれは作ってる感なんて全くもって感じない、心から素でアイドルをしている藤ヶ谷くんでした。
本当にカッコよかった。
あの瞬間、自分で自分がアイドルをしてる意識なんてしてないと思う。
小学生のときからずっとジャニーズに居て、デビューまで様々な経験を積み、デビュー6周年目にして30歳になったアイドルが自分のライブで終盤の曲に見せる姿ってあんなに素敵なの?もう素敵すぎて涙とか出ないよ?圧倒されて目ガン開きよ?
あのとき私は“藤ヶ谷くんはアイドルとしてこれからもずっとここに居てくれる”って思えたくらい。
あんな藤ヶ谷くんが見れたこと、もう世界で100位以内に入るくらい幸せだと思った。
オーラスだからより一層力を込めてたんだと思うけど、ライブで歌うってことを大事に大事にしてる感じがめっちゃ伝わってきた。
めっちゃアイドルじゃん。もう立派なアイドル。
私の中でのアイドルレベルはもう国民的だよ。

私は“藤ヶ谷くんがアイドルだから好きなんだ”と、ここにきて初めて知った。
もし、藤ヶ谷くんがジャニーズではないゴリゴリのダンス系アーティストとかだったら多分今みたいではないとおもう。
そんなアーティストを貶しているわけではなくて、
それほど私からしたらアイドル×藤ヶ谷くんの相性がいいってゆうこと!
世間からしたらアーティストの方が好評価されやすくてカッコいいってゆう印象がつきやすいと思う。
それでもわたしはジャニーズアイドルが好き。
変な偏見持たれたり、貶されたりすることもあるけど、そんな人は単にアイドル嫌いなだけであって。
わたしはアイドルが好き。
この素敵な界隈にこれて本当に良かったと思う。
どりおん歌う藤ヶ谷くんみて、藤ヶ谷くんがジャニーズにいてくれて本当に良かったと心から思った。
この景色が見れて本当に良かった。
(富士山登りきった人みたいな感想)

アイドルis尊い
さっきまでセクシーな声出したり、キャッキャとかくれんぼしたり、ガンガン踊ったり、花束投げたりしてたのに最後はこんなエモい感情にさせてくる。
なんなんほんまになんなん💢好きやで💢
好きすぎてイラついてくる💢(やばい)
どりおんの藤ヶ谷くんは魅力に溢れていました。
ごめんね自担の話しかしてないのは私が自担しか見てないからであって、他メンバーも絶対素敵な表情してただろうからDVDはやく見せてください。
今回ライブ行く前はあまり聴いてなかったけど、ライブ行ってからキモいぐらいリピしてる曲はコレです。
この曲プロデュース、藤ヶ谷くんな気がしてきた。
ん〜〜〜はやくDVD見たい!!!!!!!!




Dream onの1曲だけこんな語るか普通(笑)





次はGood-bye,Thankyouについて少々。
(以下、ぐっさん)

知る人ぞ知るこの1曲は、キスマイがデビュー前からライブや少クラで披露していたという曲。
今や、毎年ツアー最終日の最後のアンコールに歌う貴重な曲となっております。

私は新規なので、北山くんの「デビュー前から大切にしている曲」ってゆう紹介の言葉にはピンとこないんだけれど、この曲を歌う7人を見たら「デビュー前から大切にしている曲」なんだなって伝わる。

毎年、ライブDVDの特典映像としてオーラスのアンコールは収録されるのですが、映像を見るだけで伝わってくるこのときの7人の感じと会場内の雰囲気は、ただものではない。
だからわたしはいつかオーラスに行きたいと思っていた。
この雰囲気を生で感じたいと、毎年思っていた。

ついに叶った。
それも思ったより結構はやめに叶った。(笑)

生ぐっさんは最高以外の何でもない。
本当に感動したし、最高のものでした。
もう色んな感情の高まりが追いつかなくて、記憶あんまない。(いつものことだけれど笑)
もう一回見たい、!(欲)
もう一回あの雰囲気味わいたい、!

地方の方とか学生とかで行きたいのにオーラスまだ経験できてないって方多いと思うんですが、絶対行った方がいいと思います!
(なんか若干上から目線ニュアンスになってますが…)
「遠いから無理」とか「お金ないから無理」とか「親が遠征許さないから無理」とか行けない理由は様々だと思います。
でもそんな理由をどうにかしてでも行きたい気持ちがあるならいつか行けます!
私は中学生のときはおこづかい貯めてでもFCに入ることが許されなかった家庭ですが、こうして高校生になってから遠征できました。
わたしは中学生のときから遠征が夢でした。
はやく自分で稼いで思いっきりヲタクしたくて堪りませんでした。
これは思ったより簡単なことです。すぐ叶います。
親には当たってから報告したらいいのです。
お金はもちろん何もくれないので全部自分のバイト代です。
子供がヲタクになって心配する親の気持ちも分かりますが、ヲタクの暴走は親にだって止められません。
それでも止めてくる親なら、仕方なく卒業まで我慢しましょう。
卒業してからもヲタクでいるなら絶対行けます。

「東京だけずるい」とか「オーラスだけずるい」って言う人わたしは嫌いです。
自分がそこに行けばいいだけの話です。
キスマイのライブでは東京とオーラスは特別なものなのです。毎年のことです。
分かってるなら行けばいいのです。
私も東京に生まれれば幸せだったのにって何万回思ったか分からない地方民です。
でもずるいとは思いません。
同じチケット代払ってるのに公演によって不平等だって言う人もいるけど、わたしは本当に行きたければチケット代に高い交通費足してでも足を運びます。
私のつぎの目標は東京オーラス。
絶対行きたい!がんばる!

本当にオーラス最高です。
オーラス行って良かった。
私は1ヶ月分のバイト代飛んでくぐらいの交通費払って宮城まで行き、とっても微妙な席で結構泣きそうでしたが、ぐっさん見た後の帰り道は最高の気分でした。
とにかくオーラスはいい気分で帰れます。
そして余韻が尋常じゃない。
キスマイたちにとって、何ヶ月もやってきたツアーの締めくくりの1曲。
本当に心を込められた歌声と、いつもは見れない強い眼差しが見られた。
ファンが歌うとこ、普段ライブ中やばい以外の言葉を発しない私も自然と歌ってました(笑)
会場全体が歌ってた。
あんな光景見れることそうそうない。
ライブDVDで見てたときは編集でファンが歌ってるように入れてるんだと思ってた(爆)
でもリアルにファンはみんな歌ってました(笑)
すごいと思った。
あの人数のほとんどが歌えるんすごい。
ファンの歌声にもちょっと感動してしまった(笑)
ドームより客席の声聞こえやすいし感動する。
今年もぜひ映像化してほしい。







この辺で今年の感想は終わっときます。
DVD出たら色々思い出すと思うし、また今年のこと書くかもしれないけど(笑)
こんな長い文を読んでくださった方居たら、本当にありがとうございます(笑)

今年も本当に最高だったなあ…
冬ないのつらすぎるけど、その間にせっせと遠征費稼いどきますね…


あ、最近はてブロ用のツイッター開設したのでよかったらフォローとか絡みとかお待ちしてます☆
➡︎【 @mogunoblog 】